アゲート(瑪瑙)【意味・効果・伝説】

アゲートの歴史・言い伝え

アゲート(瑪瑙)【意味・効果・伝説】

アゲートという名前の由来は、イタリアのシチリア島にあるアカーテという川のほとりで発見されたことからきたといわれています。
鉱物としては大変メジャーなもので、世界中に沢山の産地があります。

アゲートの鉱物学データ

  • 英名 : agate
  • 和名 : 瑪瑙(めのう)
  • 組成 : SiO2
  • 色 : 白色、灰色、褐色、赤色、黄色、青色、緑色、青色、黒色
  • 光沢 :
  • 結晶系斜 : 六方晶系(潜晶質)
  • へき開性 :
  • 光の屈折率 :
  • モース硬度 : 7
  • 比重 : 2.57~2.64
  • 靭性 :
  • 石言葉 : 勇気・行動力・成功
  • 別名 : アゲット

アゲートは微細な石英(quartz 水晶)の結晶が集まってできた石で 、岩の空洞や割れ目に入り込んだ地下水から形成されます。とカルセドニと基本的に同じ鉱物なのですが、色むらが少なく一定のものをカルセドニ、縞などの様が存在するものをアゲートと呼んで区別しています。

アゲートのお手入れ・取り扱い

クラスター、セージでの浄化もお勧めします。

クラスター セージ 太陽光 月光 浴水
×

アゲートの主要原産地

ブラジル、ウルグアイ、ギリシア、インド、他

アゲートに合う職業・業種