アレキサンドライト(変彩金緑石)【意味・効果・伝説】

アレキサンドライトの歴史・言い伝え

アレキサンドライト(変彩金緑石)【意味・効果・伝説】

アレキサンドライトの歴史は、ロシア帝国時代の1830年、皇太子アレクサンドル(後のアレクサンドル(監)世)の誕生日にウラル山脈で発見されたことで、アレキサンドライトという名が付けられたといわれて、赤と緑に色が変化するアレキサンドライトは、ロシア帝国の旗の色でもあった。

しかし、ノルデンショルド(1792から1866年)と呼ばれるフランス人によってロシアのウラル地方に位置するエメラルド鉱山で発見されたため、エメラルドであると考えられていました。

アレキサンドライトの鉱物学データ

  • 英名 : alexandrite
  • 和名 : 変彩金緑石(へんさいきんりょくせき)
  • 組成 : BeAl2O4 : ベリリウムアルミ酸化物
  • 色 : 太陽光:緑色、青色 白熱灯:赤色、赤紫色
  • 光沢 :
  • 結晶系斜 : 斜方晶系
  • へき開性 : –
  • 光の屈折率 : 1.74~1.75
  • モース硬度 : 8.5
  • 比重 : 3.8
  • 靭性 : 不透明
  • 石言葉 : 秘めた思い
  • 別名 :

アレキサンドライトは、最も稀な宝石一つ。様々な色の変化を見せてくれるアレキサンドライトに見られる現象は「アレキサンドライト効果」と呼ばれ、色の変化は、一般的に日光や白熱灯の下など、一定の照明条件下で観察することができます。

クリソベリルベリリウムのアルミン酸塩であるが、ベリル鉱物グループに属さなく独自の独立した鉱物群に分類されます。

また、アレキサンドライトはめったに大きなサイズは採れない為、3カラット以上は極めて稀であると考えられています。

アレキサンドライトのお手入れ・取り扱い

化学薬品や漂白剤は避けてください。

クラスター セージ 太陽光 月光 浴水

アレキサンドライトの主要原産地

アレキサンドライトの原産地は、ミャンマー(ビルマ)、スリランカ、タンザニア、インド(アンドラ・プラデシュ州)とマダガスカルが含まれます。

アレキサンドライトに合う職業・業種

全ての職業