アメジストエレスチャル(紫水晶)【意味・効果・伝説】

アメジストエレスチャルの歴史・言い伝え

アメジストエレスチャル(紫水晶)【意味・効果・伝説】

アメジストをベースとしてアメジストが成長していく数千年から数億年の長い時間経過の中で内部に様々な鉱物を取り込む事で生まれた鉱物の事を言います。

アメジストエレスチャルの鉱物学データ

  • 英名 : amethyst elestial
  • 和名 : 紫水晶(むらさきすいしょう)
  • 組成 : SiO2
  • 色 : 紫色、結晶により濃淡などあり
  • 光沢 : ガラス光沢
  • 結晶系斜 : 六方晶系
  • へき開性 : –
  • 光の屈折率 : 1.54~1.55
  • モース硬度 : 7
  • 比重 : 2.65
  • 靭性 :
  • 石言葉 : 真実の愛・インスピレーション・冷静・調和
  • 別名 :

内包物には「カコクセナイト」や「ゲーサイト」・「ルチルクォーツ」などがあり、鉱物の内包具合や色味の美しさ・アメジスト自体の透明度などによって品質が大きく分かれております。

アメジストエレスチャルのお手入れ・取り扱い

退色の恐れがある為、日光での浄化は避けた方が良いです。

クラスター セージ 太陽光 月光 浴水
×

アメジストエレスチャルの主要原産地

ブラジル(リオ・グランデ・ド・スル州)、ウルグアイ、他

アメジストエレスチャルに合う職業・業種