アンダルサイト(紅柱石)【意味・効果・伝説】

アンダルサイトの歴史・言い伝え

アンダルサイト(紅柱石)【意味・効果・伝説】

アンダルサイトの名前の由来は、最初に発見されたのがスペインにあるアンダルシア州のアルメリアという地名から来ています。

アンダルサイトの鉱物学データ

  • 英名 : andalusite
  • 和名 : 紅柱石(こうちゅうせき)
  • 組成 : Al2、SiO5+炭素の内包物を含む
  • 色 : 茶色
  • 光沢 :
  • 結晶系斜 : 斜方晶系
  • へき開性 : 明瞭
  • 光の屈折率 : 1.62~1.65
  • モース硬度 : 6.5~7.5
  • 比重 : 3.05~3.20
  • 靭性 :
  • 石言葉 : 愛の予感
  • 別名 :

アンダルサイトは非常に強い多色性のため、褐色味の緑色と褐色味yの赤色の二色が同時に見られる。アメリカではその特徴から「貧乏人のアレキサンドライト」と呼ぶ人がいる。十字架のマークがある「カイアストライト」は外観にそ全く異なるがアンダルサイトの変種である。

アンダルサイトのお手入れ・取り扱い

基本的にすべての浄化が可能ですが、塩分に若干弱い性質を持つものがあります。

クラスター セージ 太陽光 月光 浴水

アンダルサイトの主要原産地

ブラジル、スリランカなど

アンダルサイトに合う職業・業種