アポフィライト(魚岩石)【意味・効果・伝説】

アポフィライトの歴史・言い伝え

アポフィライト(魚岩石)【意味・効果・伝説】

アポフィライトの名前の由来はギリシア語で「取れやすい」や「すぐに取れてしまう」などを意味する単語に「葉っぱ」を組合わせた”apophylliso”から付けられた名前だとされています。

アポフィライトの鉱物学データ

  • 英名 : apophyllite
  • 和名 : 魚岩石(ぎょがんせき)
  • 組成 : KCa4[(F,OH)│Si8O20]・8H2O
  • 色 : 無色~白色、灰色、淡黄色、緑色
  • 光沢 :
  • 結晶系斜 : 正方晶系・斜方晶系
  • へき開性 : 一方向に完全
  • 光の屈折率 : 1.54~1.55
  • モース硬度 : 4.5~5.0
  • 比重 : 2.30~2.50
  • 靭性 :
  • 石言葉 : 平常・維持・健康・浄化
  • 別名 :

結晶がポイント(鉛筆のような形)になっており、無色透明のものは一見すると水晶に見えてしまいますが、よく見るとポイントの結晶が違います。

アポフィライトのお手入れ・取り扱い

熱に弱くデリケートな石で、取扱いには注意が必要です。

クラスター セージ 太陽光 月光 浴水
× ×

アポフィライトの主要原産地

インド、南アフリカ共和国、他

アポフィライトに合う職業・業種