アクアオーラ(蒸着水晶)【意味・効果・伝説】

アクアオーラの歴史・言い伝え

アクアオーラ(蒸着水晶)【意味・効果・伝説】

一説には古代アトランティス大陸で製造され、人々が宇宙や超自然といった高い次元と繋がるためのツールとして利用されていたと伝わっています。

アクアオーラの鉱物学データ

  • 英名 : aqua aura
  • 和名 : 蒸着水晶(じょうちゃくすいしょう)
  • 組成 : SiO2
  • 色 : メタリックな光沢があるブルー
  • 光沢 :
  • 結晶系斜 : 六方晶系
  • へき開性 :
  • 光の屈折率 : 1.54~1.55
  • モース硬度 : 7
  • 比重 : 2.65
  • 靭性 :
  • 石言葉 : 自己表現力・インスピレーション・希望・実現
  • 別名 :

天然の水量に金属を蒸着させて色を加えた石。虹色に輝くこのメタリックブルーの色みは、Aグレードのクリアな水晶に金を蒸着することで生まれます。最高級のアクアマリンに色あいが似た高級なイメージですが、流通量も多く安価に手に入りやすいため人気があります。
水晶に金を蒸着させた青色のものを一般的に「アクアオーラ」と呼びますが、蒸着する金属によって石の色みが変わり、それぞれが違う名前で呼ばれています。

銀を蒸着させたものは「アクアオーラホワイト」
チタンを蒸着させたものは「コスモオーラ」
と呼ばれています。

その他、プラチナやコバルトを蒸着したり、複数の金属を合金したものをあります。

アクアオーラのお手入れ・取り扱い

どの浄化方法にも適しております。

クラスター セージ 太陽光 月光 浴水

アクアオーラの主要原産地

ブラジル、他

アクアオーラに合う職業・業種