アベンチュリン(砂金水晶)【意味・効果・伝説】

アベンチュリンの歴史・言い伝え

アベンチュリン(砂金水晶)【意味・効果・伝説】

アベンチュリンという名前はイタリア語で偶然を意味する「a ventura」に由来します。古代チベットでは洞察力を高める石として信仰され、仏像の目の部分に使われたり、装飾品として身に付けることでその効果を求めたと伝わっています。

アベンチュリンの鉱物学データ

  • 英名 : aventurine
  • 和名 : 砂金水晶(さきんすいしょう)
  • 組成 : SiO2
  • 色 : 緑色、青色、褐色、黄色、桃色、白色
  • 光沢 :
  • 結晶系斜 : 六方晶系(粒状集合体)
  • へき開性 : –
  • 光の屈折率 : 1.54~1.56
  • モース硬度 : 7
  • 比重 : 2.64 – 2.69 (インクルージョンにより変動)
  • 靭性 :
  • 石言葉 : 心の安心・沈着・安眠・優しさ・家庭円満
  • 別名 :

アベンチュリンという名前の由来はある光学効果に由来しています。その光学効果は砂金のようなきらびやかな輝きのことを指します。

アベンチュリンのお手入れ・取り扱い

太陽光、水は避けて下さい。

クラスター セージ 太陽光 月光 浴水
× ×

アベンチュリンの主要原産地

マダガスカル共和国、インド、他

アベンチュリンに合う職業・業種