シトリン(黄水晶)【意味・効果・伝説】

シトリンの歴史・言い伝え

シトリン(黄水晶)【意味・効果・伝説】

シトリンは、フランス語のレモンを由来とする。

シトリンの鉱物学データ

  • 英名 : citrine
  • 和名 : 黄水晶(きすいしょう)
  • 組成 : SiO 2 : 二酸化ケイ素
  • 色 : 濃い黄色、金茶色、オレンジ色に淡黄色
  • 光沢 : ガラス光沢
  • 結晶系斜 : 六方晶系
  • へき開性 : –
  • 光の屈折率 : 1.54~1.55
  • モース硬度 : 7
  • 比重 : 2.65
  • 靭性 :
  • 石言葉 : 友情・初恋・甘い思い出
  • 別名 :

天然のシトリンは、実際には非常に稀であり他の品種よりも貴重であるため、シトリンの多くは熱処理して、その魅力的な黄金色を得ています。

シトリンのお手入れ・取り扱い

太陽光に強くありませんので、長時間の太陽光は避けてください。

クラスター セージ 太陽光 月光 浴水
×

シトリンの主要原産地

シトリンは、世界中で見つけることができますが、ブラジルは世界有数の産出国です。
その他の注目すべき情報源は、アルゼンチン、ボリビア、フランス、マダガスカル、ミャンマー(ビルマ)、ナミビア、ロシア、スコットランド、スペイン、ウルグアイ、ザンビアが含まれます。

シトリンに合う職業・業種

経営者 管理職 接客業・小売業 金融関係