コーラル(珊瑚)【意味・効果・伝説】

コーラルの歴史・言い伝え

コーラル(珊瑚)【意味・効果・伝説】

母なる海の清浄なエネルギーを宿したコーラルは、あらゆるマイナスエネルギーを浄化してくれるパワーを持つとされています。古くから世界各地でお守りや護符、祭事の道具として使用されており、ヨーロッパでは子供を守るお守りに、インドでは悪霊から身を守るお守りに使われてきたとのこと。仏教では「七宝」のひとつに数えられる宝石で、不老長寿のお守りとして愛されてきたそうです。

コーラルの鉱物学データ

  • 英名 : coral
  • 和名 : 珊瑚(さんご)
  • 組成 :
  • 色 :
  • 光沢 :
  • 結晶系斜 :
  • へき開性 :
  • 光の屈折率 :
  • モース硬度 :
  • 比重 :
  • 靭性 :
  • 石言葉 : 威厳・成長・長寿
  • 別名 :

珊瑚はイソギンチャクやクラゲに似たコーラル・ポリプが数多く集まり、それらから分泌された石灰質(炭酸カルシュウム)により樹液状となったものです。

コーラルのお手入れ・取り扱い

クラスター セージ 太陽光 月光 浴水

コーラルの主要原産地

コーラルに合う職業・業種