エレスチャル(骸骨水晶)【意味・効果・伝説】

エレスチャルの歴史・言い伝え

エレスチャル(骸骨水晶)【意味・効果・伝説】

数千万年から数億年という長い年月をかけて生成され、年輪のよいうに結晶を重ねることから、古代の記憶と叡智を持つとされています。なかでも太古の水が閉じ込められた水入りエレスチャルは、人類や地球の未来と意義を教えてくれるといわれます。

エレスチャルの鉱物学データ

  • 英名 : elestial
  • 和名 : 骸骨水晶(がいこつすいしょう)
  • 組成 : SiO2 [ ゲーサイト α-FeOOH | レピドクロサイト γ-FeO(OH) | などを含む ]
  • 色 : 無色透明、紫色、灰色など
  • 光沢 :
  • 結晶系斜 : 六方晶系(三方晶系)
  • へき開性 : –
  • 光の屈折率 : 1.54~1.56
  • モース硬度 : 7
  • 比重 : 2.65
  • 靭性 :
  • 石言葉 : 優しさ・調和・癒し・安らぎ
  • 別名 :

ゴツゴツとした形状が特徴の水晶。別名「スケルタル(骸骨)クオーッ」と呼ばれ、骨の様な階段状の模様を持っています。様々なインクルージョンを持つ石で、見た目が安定しません。他の鉱物を取り込んでいる場合もあれば、水や空気を多く内包している場合もあります。

エレスチャルのお手入れ・取り扱い

退色の恐れがあるため、長時間の太陽光での浄化は避けましょう。

クラスター セージ 太陽光 月光 浴水
×

エレスチャルの主要原産地

マダガスカル、ブラジル、インド、他

エレスチャルに合う職業・業種