アイアゲート(天眼石)【意味・効果・伝説】

アイアゲートの歴史・言い伝え

アイアゲート(天眼石)【意味・効果・伝説】

チベットでは【ズィー(Gzi)】と呼ばれ、「目玉」を意味し古くから身を守る護符とされていました。

アイアゲートの鉱物学データ

  • 英名 : eyeagate
  • 和名 : 天眼石(てんがんせき)
  • 組成 : SiO2
  • 色 : 灰色と黒の縞模様
  • 光沢 : ガラス光沢~脂肪光沢
  • 結晶系斜 : 六方晶系
  • へき開性 :
  • 光の屈折率 :
  • モース硬度 : 7
  • 比重 : 2.57~2.64
  • 靭性 :
  • 石言葉 :
  • 別名 :

石が結晶化していく過程で、珪酸を含む水溶液が周期的に沈殿し、そのたびごとに取り込む不純物の量等に違いがある為、層状に結晶すると考えられます。

アイアゲートのお手入れ・取り扱い

すべての浄化方法に適しています。

クラスター セージ 太陽光 月光 浴水

アイアゲートの主要原産地

アフリカ、中国、チベット、他

アイアゲートに合う職業・業種