ヘマタイト(赤鉄鉱)【意味・効果・伝説】

ヘマタイトの歴史・言い伝え

ヘマタイト(赤鉄鉱)【意味・効果・伝説】

ヘマタイトは、古代エトルリアの時代からエルバ島から採掘されています。NASAの宇宙船は火星のヘマタイトを発見しました。

ヘマタイトの鉱物学データ

  • 英名 : hematite
  • 和名 : 赤鉄鉱(せきてっこう)
  • 組成 : Fe2O3
  • 色 : ブラックブラック、グレー、ブラウン
  • 光沢 :
  • 結晶系斜 : 六方晶系(三方晶系)
  • へき開性 :
  • 光の屈折率 : 2.94~3.22
  • モース硬度 : 5.0~6.5
  • 比重 : 4.95~5.26
  • 靭性 :
  • 石言葉 : 身代わり・生命力・秘めた思い
  • 別名 :

ヘマタイトは、酸化鉄の鉱石で他の鉱物と混同することはほぼ不可能です。
未加工のヘマタイトは鈍い鉄の光沢を持っていますが、カット・研磨すると金属光沢として知られている最強かつ最も反射光沢を呈します。

ヘマタイトのお手入れ・取り扱い

化学薬品や洗浄液、特に漂白剤や酸を使用しないでください。

クラスター セージ 太陽光 月光 浴水
×

ヘマタイトの主要原産地

ヘマタイトは、世界中の多数の地域で見つけることができます。主要原産地は、ミナスジェライス州、ブラジル、カンブリア州、イングランドとエルバ、イタリア。

モロッコ、南アフリカ、バングラデシュ、中国、ニュージーランド、チェコ共和国、アメリカ(ミネソタ州、ミシガン州、アリゾナ州、ニューヨーク)も、上質なヘマタイトが採れることが知られています。

ヘマタイトに合う職業・業種

全ての職業