ハーキマーダイヤモンド()【意味・効果・伝説】

ハーキマーダイヤモンドの歴史・言い伝え

ハーキマーダイヤモンド()【意味・効果・伝説】

ほかのクオーツよりも透明度が高く、ダイアモンドの八面体結晶によく似ていることから「ハーキマーのダイアモンド」と呼ばれるようになりました。

ハーキマーダイヤモンドの鉱物学データ

  • 英名 : herkimerdiamond
  • 和名 : ()
  • 組成 :
  • 色 :
  • 光沢 :
  • 結晶系斜 :
  • へき開性 :
  • 光の屈折率 :
  • モース硬度 :
  • 比重 :
  • 靭性 :
  • 石言葉 :
  • 別名 :

ダイアモンドと違い、原石の状態からキラリと光る輝きを放ちます。約5億年前の、ニューヨークが海の底だったころに誕生したといわれ、古代地層を形成するドロマイトという鉱物内の空洞に生まれる石です。

ハーキマーダイヤモンドのお手入れ・取り扱い

クラスター セージ 太陽光 月光 浴水

ハーキマーダイヤモンドの主要原産地

アメリカのニューヨーク州ハーキマー地区

ハーキマーダイヤモンドに合う職業・業種