アイスクリスタル(ヒマラヤ蝕像水晶)【意味・効果・伝説】

アイスクリスタルの歴史・言い伝え

アイスクリスタル(ヒマラヤ蝕像水晶)【意味・効果・伝説】

アイスクリスタルは、 温暖化によって氷河が溶けた跡で発見されたことから、 今この時代に地球から人間へ何らかの貴重なメッセージを伝えるために登場した石だと言われています。

アイスクリスタルの鉱物学データ

  • 英名 : icecrystal
  • 和名 : ヒマラヤ蝕像水晶(しょくぞうすいしょう)
  • 組成 : SiO2
  • 色 : 白色、赤色
  • 光沢 :
  • 結晶系斜 : 六方晶系
  • へき開性 :
  • 光の屈折率 :
  • モース硬度 : 7
  • 比重 :
  • 靭性 :
  • 石言葉 :
  • 別名 : べスビアナイト

アイスクリスタルは、近年発見され、ここ数年で市場に流通し始めた新しい石で、ヒマラヤ山脈の標高6000m峰の氷河地帯で産出される不思議な新タイプのヒマラヤ水晶です。

アイスクリスタルのお手入れ・取り扱い

長時間太陽光にさらした場合には変色の可能性がるので注意が必要です。

クラスター セージ 太陽光 月光 浴水
×

アイスクリスタルの主要原産地

インド(ヒマラヤ山脈)、他

アイスクリスタルに合う職業・業種