アイドクレース(ベスブ石)【意味・効果・伝説】

アイドクレースの歴史・言い伝え

アイドクレース(ベスブ石)【意味・効果・伝説】

アイドクレースは、イタリアのベスビオ火山で1795年に新種の鉱物として発見された石で、正式にはベスビオナイトといいます。

アイドクレースの鉱物学データ

  • 英名 : idoclase
  • 和名 : ベスブ石(べすぶせき)
  • 組成 : Ca10Mg2Al4(Si2O4)5(Si2O7)2(OH)4
  • 色 :
  • 光沢 :
  • 結晶系斜 : 正方晶系
  • へき開性 :
  • 光の屈折率 :
  • モース硬度 : 6.5
  • 比重 :
  • 靭性 :
  • 石言葉 : 約束
  • 別名 :

産地により色が様々で、青色のシプリン(Cyprin)・グリーンのカリフォルナイト(Californite)・黄色のザンサイト(Xanthite)・濃いグリーンのヴィルアイト(Viluite)などがあり、どれも落ち着きのある色合いが特徴で、心に平安をもたらすストーンです。

アイドクレースのお手入れ・取り扱い

お香の薫りに燻らすとエネルギーが満ち溢れパワーが高まります。

クラスター セージ 太陽光 月光 浴水
×

アイドクレースの主要原産地

カナダ、イタリア、マダガスカル、他

アイドクレースに合う職業・業種