ジェダイト(翡翠輝石)【意味・効果・伝説】

ジェダイトの歴史・言い伝え

ジェダイト(翡翠輝石)【意味・効果・伝説】

翡翠とは、川辺に生息する小鳥のカワセミ (羽毛は緑色、腹は赤色、背から尾は青色)のことで、その美しい小鳥の名前が名称の由来である。この色のバラエティー示す名称は本来ジェダイトを意味していた。また翡は赤を意味し、翠は緑を意味している。

また翡翠は、その強靭な性質から世界各地で道具や武器として用いられ、その後は祭礼用装飾品として崇拝されるようになった。

中国では少なくとも紀元前2950年前から最も価値あるものとし、「亜(yu)」と呼んでいた(玉とは実際には宝石全般を指 している)。死後の体を保摂(不死のため)するものと信じられ、何千年も昔のm帝の事からも発見されている。ジェダイト を用い始めたのは18世紀以降からである。
また中央アメリカのアステカをはじめとする様々な文化でも貫重なものとし、彫刻やマスクなどが発見されている。

ジェダイトの鉱物学データ

  • 英名 : jadeite
  • 和名 : 翡翠輝石(ひすいきせき)
  • 組成 : NaAlSi2O6 : ナトリウムアルミニウムシリケート
  • 色 : グレーと黒、緑、白、オレンジ、黄色、ラベンダー
  • 光沢 : ワックス状
  • 結晶系斜 : 単斜晶系
  • へき開性 :
  • 光の屈折率 : 1.65~1.68(硬玉) 、1.60~1.62(軟玉)
  • モース硬度 : 6.5~7.0
  • 比重 : 3.25~3.36
  • 靭性 : 最も割れにくい丈夫な宝石
  • 石言葉 : 安定・平穏・忍耐・果報
  • 別名 : ジェダイト、ジェード

Jedete(シュダイト )とNephrite(ネフライト)の鉱物をひすい(ジェード)と総称しているが、両者は実際には全く別の鉱物であり、しかも宝石としての評価が大きく異なる。共通点は両者とも半透明緑色が一般に知られ、ごく小さな繊維状あるいは粒状の結晶が複雑に絡み合う組織をもっているため非常に強靭で割れにくい点にある。

ジェダイトの色は、緑色 (エメラルドグリーン~アッブルグリーン)、ラベンダー、赤味のオレンジ~イエロー 黒色、白色などあるが、一般には緑色が良く知られています。次いでラベンダー、レッドなどが評価されている。

ジェダイトのお手入れ・取り扱い

石鹸水と柔らかい布を使用して、石鹸残留物を除去するために良く濯いでください。
ほとんどの宝石と同じように、超音波洗浄および汽船はおすすめできません。

クラスター セージ 太陽光 月光 浴水

ジェダイトの主要原産地

商業的な規模の唯一の産地は、ミャンマーのみである。また加工のほとんどは香港で行われています。

ジェダイトに合う職業・業種

経営者 管理職 運転・倉庫作業系 外資系