クンツァイト(リチア輝石)【意味・効果・伝説】

クンツァイトの歴史・言い伝え

クンツァイト(リチア輝石)【意味・効果・伝説】

1902年にアメリカではじめて発見され、この国の鉱物学者で宝石の研究者しても知られるクンツ博士に因んでクンツァイトと名付けられた。クンツ氏は1879年~1932年までティファニー社に勤務していました。

クンツァイトの鉱物学データ

  • 英名 : kunzite
  • 和名 : リチア輝石(リチアきせき)
  • 組成 : LiAl [Si2O6] : リチウムケイ酸アルミニウム
  • 色 : 光紫ピンク、ピンク、紫
  • 光沢 :
  • 結晶系斜 : 単斜晶系
  • へき開性 :
  • 光の屈折率 : 1.66~1.68
  • モース硬度 : 6.5~7.0
  • 比重 : 3.03~3.23
  • 靭性 :
  • 石言葉 : 寛大・優しさ・自然の恵み
  • 別名 : スポジューメン

クンツァイト(別名スポジューメン)は、ピンク、グリーン、イエロー、無色など多くは淡い色が産出しています。劈開が完全で一方向に非常に割れやすい性質があるため、ラフな扱いなど取り扱いには注意が必要です。

クンツァイトのお手入れ・取り扱い

石鹸水を使用し、柔らかい布やブラシで洗浄することができます。 漂白剤および酸を含む、化学薬品や洗剤は使用しないでください。

クラスター セージ 太陽光 月光 浴水
× ×

クンツァイトの主要原産地

クンツァイトは、最初に米国コネチカット州で発見されました。最初の主要原産地はモルガナイト(サンディエゴ、カリフォルニア州のパーラ領域に1902を発見されたピンクベリルが )も発見されました。
クンツァイトの最も重要な鉱床はミナスジェライス州、ブラジルからのものであるが、現在の供給のほとんどはアフガニスタンとパキスタンからです。 他には、マダガスカル、ミャンマー、米国を含みます。

クンツァイトに合う職業・業種

全ての職業