カイヤナイト(藍晶石)【意味・効果・伝説】

カイヤナイトの歴史・言い伝え

カイヤナイト(藍晶石)【意味・効果・伝説】

「深い青」を意味するギリシャ語「kuanosまたはkyanos」に由来します。

カイヤナイトの鉱物学データ

  • 英名 : kyanite
  • 和名 : 藍晶石(らんしょうせき)
  • 組成 : Al2O [SiO4四]ケイ酸アルミニウム
  • 色 : 無色の青緑色、茶色に青
  • 光沢 :
  • 結晶系斜 : 三斜晶系
  • へき開性 :
  • 光の屈折率 : 1.71~1.73
  • モース硬度 : 縦:4.0~4.5、横:6.0~7.0
  • 比重 : 3.53~3.68
  • 靭性 :
  • 石言葉 : 平安・従順・清浄
  • 別名 :

カイヤナイトは、アンダルサイト及びシリマナイト両方の化学組成ですが異なる結晶構造を示します。最も特徴的な特性は、その強い異方性特性。平行に切断した場合、そのは、モース硬度は4~4.5の範囲ですが、垂直に切断した場合の硬度は6~7の範囲です。

かなり耐久性があるが、他の多くの宝石と比較して、少し壊れやすいです。
最も望ましい色はサファイアのような青です

カイヤナイトのお手入れ・取り扱い

漂白剤や他の過酷な化学薬品や洗剤を避けてください。

クラスター セージ 太陽光 月光 浴水

カイヤナイトの主要原産地

カイヤナイトは、世界中の多くの場所で見つけることができます。最も重要な原産地は、オーストリア、ビルマ、ブラジル、カンボジア、インド、ケニア、ミャンマー、ネパール、ロシア、セルビア、スイス、タンザニア、米国(コネチカット、ペンシルベニア州、ノースカロライナ州、ジョージア)とジンバブエが含まれます。

オレンジ藍晶石は、最近、タンザニアで発見されました。

カイヤナイトに合う職業・業種

クリエイター 研究職 製作・技術職・エンジニア系