ムーンストーン(月長石)【意味・効果・伝説】

ムーンストーンの歴史・言い伝え

ムーンストーン(月長石)【意味・効果・伝説】

100年以上前に起こった「アールヌーボー」の時代に非常に人気があり、ムーンストーンは、世界のあらゆる部分からの文化によって何千年もの間、尊敬されています。

ヒンドゥー教の伝説によると、ムーンストーンは月光から形成されたと言われ、あなたの未来を見ることができると考えられていました。

インドでは、「神聖な石」とみなされ、幸運をもたらすと考えられています。

アラブ諸国では、女性は自分の下着の中にムーンストーンを縫っていたそうです。

古代ローマでは、ムーンストーンは月と関連して宝石が月明かりの滴から形成されていること信じられていたそうです。

ムーンストーンの鉱物学データ

  • 英名 : moonstone
  • 和名 : 月長石(げっちょうせき)
  • 組成 : K(AlSi3O8)
  • 色 : 無色、黄色、淡い光沢
  • 光沢 : ガラス光沢
  • 結晶系斜 : 単斜晶系
  • へき開性 : 完全
  • 光の屈折率 : 1.51~1.52
  • モース硬度 : 6.0~6.5
  • 比重 : 2.55~2.63
  • 靭性 : 半透明
  • 石言葉 : 健康・長寿・富
  • 別名 :

フェルドスパーの中で「アデュラー効果」と呼ばれる、宝石内部から月の光のような怪しい光る効果を示す。

また種類によってキャッツ・アイを示します。(ムーンストーンのように宝石内部が光る効果は「シーン」とも呼ぶ)また、特にブルーに光って見えるものは評価が高く(ブルームーンストーン)と呼んでいる。

ムーンストーンの地色は、無色、オレンジ、グリーンなど。オレンジはオレンジあるいはピンクムーンストーン、グリーンはグリーンムーンストーンと呼ばれています。

ムーンストーンのお手入れ・取り扱い

化学薬品や洗剤、超音波洗浄器またはスチーマーを使用しないでください。

クラスター セージ 太陽光 月光 浴水

ムーンストーンの主要原産地

最も重要なムーンストーンの原産地は、スリランカやインド。 その他には、オーストラリア、ブラジル、ドイツ、インド、ミャンマー(ビルマ)、マダガスカル、メキシコ、ノルウェー、スイス、タンザニア、および米国でも産出されています。スリランカのムーンストーンは、その魅力的な青色のため最も有名ですが、ブルームーンストーンはますます希少となってきています。

ムーンストーンに合う職業・業種

全ての職業