オニキス(黒瑪瑙)【意味・効果・伝説】

オニキスの歴史・言い伝え

オニキス(黒瑪瑙)【意味・効果・伝説】

オニキスはギリシア語の「爪(Onyxis)」に由来し名づけられた名前です。オニキスは古くから魔よけの護符として使用されてきました。

オニキスの鉱物学データ

  • 英名 : onyx
  • 和名 : 黒瑪瑙(くろめのう)
  • 組成 : SiO2
  • 色 : 黒色
  • 光沢 : ガラス状
  • 結晶系斜 : 六方晶系
  • へき開性 :
  • 光の屈折率 : 1.53~1.54
  • モース硬度 : 7
  • 比重 : 2.61~2.65
  • 靭性 :
  • 石言葉 : 成功・魔除け・厄除け・幸福・知性
  • 別名 :

起源はメノウの縞の白い部分を指して、人の爪の根元にある子爪(白っぽい部分=Onyx オナックス)から来ており、縞メノウ(バンデットアゲート:Bandedagete)全般を指していました。その後、赤い色の縞メノウがサードオニキス(Sardonyx)、黒い縞メノウ(Blackonyx)と広がり、日本ではいつの間にか縞のない黒いメノウもブラックオニキスという名称で呼んだことが通称となってしまったそうです。

オニキスのお手入れ・取り扱い

退色の恐れがあるため、太陽光や水による長時間の浄化は避けましょう。

クラスター セージ 太陽光 月光 浴水
× ×

オニキスの主要原産地

世界各国で産出

オニキスに合う職業・業種