ダイヤモンド【意味・効果・伝説】

ダイヤモンド【意味・効果・伝説】心身を浄化し、自信と勇気を与えてくれると言われ、永遠に愛の象徴のダイヤモンド(Diamond)を紹介します。

ダイヤモンドは地球上でいちばん硬い鉱物で、たぐいまれなる光沢と鮮やかなファイアによってすベての宝石のなかでもっとも価格の高いものとなっています。

ダイヤモンドの効果は、「人脈を引き寄せる」「絆を深める」「永遠の愛」「カリスマ性」のスピリチュアルな意味が込められています。

純粋な無色のダイヤモンドが一般的ですが、ほかにも不純物の種類によってさまざまなバリエーション(黄色、褐色から緑、青、ピンク、赤、灰色、黑色)が見られます。

ダイヤモンドは、構成物質である炭素原子の配列が均一なので、結晶はよい形をとり、普通丸みを帯びた稜と、若干凸状の面で囲まれた八面体です。劈開が完全なので形をつくる初期段階の作業は容易ですが、研磨するには別のダイヤモンドを使う以外方法がありません。

ダイヤモンドは高温で高圧下の、地下80km基りも深部でできます。インドと後年ブラジルが主要産地であった頃は、二次鉱床の川の砂利の中から採取されていました。しかし、1870年頃、南アフリカでキイバフイト中からダイヤモンドが発見されてからは、膨大な量の岩石を処理して回収するようになって、現在ではオーストラリアが主な産出国となって、ほかにはガーナ、シェラレオネ、ザイール、ボツワナ、ナミビア、ロシア、アメリカ、ブラジルなどで産出します。

コメント

  1. Mr WordPress より:

    これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。