アンドラダイトガーネット【意味・効果・伝説】

アンドラダイトガーネット【意味・効果・伝説】失恋した時の傷ついた心を癒して、温かい思い出を残してくれると共に、新しい希望を見出す手助けをしてくれるアンドラダイトガーネット(Andradite Garnet)を紹介します。

チタンやマンガンが含まれるガーネットは、アンドラダイトガーネットと呼ばれています。価値のもっとも高いのはデマントイドで、そのエメラルドグリーンの色はクロムを含んでいるからです。

ダイヤモンドよりも光の分散が高くホーステイル(馬のしっぽ)と呼ばれ、アスベストの細い毛状のインクルージョンが特徴となっています。

トパゾライトはアンドラダイトの黄色のタイプで、薄い黄色~濃い黄色の石を示します。

小さな結晶しか発見されていない黒色のものはメラナイトと呼ばれますが、濃い赤色のこともあります。

最高級のデマントイドは、ロシアのウラル地方で、砂金を含む砂磯層や変成岩の中から採取されます。そのほかには、北イタリア、ザイール、ケニアがあります。

トパゾライトの結晶は、スイスやイタリアのアルプス地方の変成岩から発見され、メラナイトは変成岩または火山の溶岩中に産し、きれいな結晶はエルバ島(イタリア)やフランス、ドイツから採られます。