パイライト(黄鉄鉱)【意味・効果・伝説】

パイライト(黄鉄鉱)【意味・効果・伝説】大切なパートナーを守るパイライト(Pyrie)を紹介します。

パイライトの名前は、ハンマーなどで叩くと火花が散ることから、ギリシャ語の炎を意味するpyrに由来していると伝えられています。

パイライトは、真鍮黄色が金に似ていることから金運を呼ぶと言われ、古くから宝石として利用され、古代ギリシャやローマ、それにィンカ帝国の都市の遺跡から見つかっています。

形状は六面体か、あるいはパイライトへドラと呼ばれる五角十二面体の結晶です。

黄鉄鉱は、火成岩、変成岩、堆積岩中に世界各地に広く産出し、形の良い結晶は、スペイン、メキシコ、ペルー、ィタリア、フランスから採れます。