シーライト(灰重石)【意味・効果・伝説】

シーライト(灰重石)【意味・効果・伝説】ずっと憧れていた仕事に就く方法を教えてくれるシーライト(Scheeite)を紹介します。

シーライトはとても軟らかいので、収集家に愛されてきました。
光の分散が強く、ファイアも強く、色は淡い帯黄白色から褐色が特徴です。

合成の無色のものはダイヤモンドのイミテーションに使われるが、複屈折性で識別できます。また微量金属で着色したものは、そのほかの宝石のイミテーションに用いられたりもします。

シーライトはペグマタイトおよび変成岩中で採れます。大きな結晶にはブラジル産の0.5kgのものがありますが、大きくなるほど透明度が低くなり、カットには不向きとなります。オーストラリア、イタリア、スイス、スリランカ、フィンランド、フランス、イングランドなどでも産出します。