パイロープガーネット【意味・効果・伝説】

パイロープガーネット【意味・効果・伝説】恋愛運に効果があるといわれ、二人が一緒にいられるようになるまで、一途な愛を貫けるようサポートをしてくれるパイロープガーネット(PyropeGarnet)を紹介します。

パイロープガーネットは、1月26日の誕生石。

パイロープという名前は、ギリシャ語のpyropos(火炎)に由来します。
パイロープの血のような赤色は、成分である鉄やクロムによるもので、稀に丸みを帯びたり不規則な形の結晶のインクルージョンを含むことがあります。他のガーネットと同様、パイロープは劈開は認められず、断口は亜貝殻状で不平坦です。

火山岩中および漂砂鉱床で産しますが、その存在は他の鉱物とともに、含ダイヤモンド岩石の存在を示すことがあります。産地は、アメリカ合衆国のアリゾナ州、南アフリカ、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、ミャンマー、スコットランド、スイス、タンザニアです。

ちなみに、スイス産や南アフリカ産のものは、パワーストーンとして500年以上の歴史をもつボへミア産よりも明るい赤色です。