ス力ポライト【意味・効果・伝説】

ス力ポライト【意味・効果・伝説】変化してゆく状況の中で効率的にサポートしてくれるス力ポライト(Scapolite)を紹介します。

ス力ポライトの別名:ヴェルネライト(wernerite)は、ドイツの鉱物学者のヴェルナー(Werner)に由来すると言われています。

スカポライトの色は、ピンク、紫、青、黄色、灰色、無色があり、色の変化は、ナトリウムに富むものからカルシウムに富むものにわたる組成の変化を反映しているみたいです。

結晶は短柱状で棒のような形をしていて、その名ギリシャ語のscapo(棒)とlithos(石)に由来します。

ス力ポライトの主な産地は、ペグマタイトや雲母片岩、片麻岩のような変成岩中に結晶として産出します。産出国はブラジル、ミャンマー、カナダ、ケニア、マダガスカなどがあります。

ピンクや紫の色にはキャッツアイ効果が見られることがあり、スカポライトはアンブリゴナイトやクリソベリル、金色のベリルと間違えられやすいです。