ジルコン【意味・効果・伝説】

ジルコン【意味・効果・伝説】身につけていると、知恵、名誉、富をもたらし、その光沢がなくなると危険が迫ると信じらしれてきたジルコン(Zircon)を紹介します。

ジルコンの名の起源はアラビア語のzargoonにあり、これはペルシャ語で金色を意味します。

ジルコンは無色の石が広く知られ、ダイヤモンドに非常によく似ているため間違えられて、ダイヤモンドとして使われてきた歴史があります。

純度の高いものは無色ですが、含有する不純物の種類により、黄色、オレンジ、青、赤、褐色、緑の色しています。

タイ、ベトナムカンボジア産のブラウンの石は、熱処理して無色あるいは青色のジュエリーとして広く使われてきました。
青い石を、さらに酸化状態で熱処理すると、黄金色に変化します。

ジルコンは、強い複屈折とファセットエッジの摩滅でダイヤモンドと区別することが可能いです。
イミテーションには無色のガラスや合成スピネルがあります。ジルコンの成分中に、放射性のトリウムとウラニウムがある場合には、結晶格子が崩壊していくみたいです。

パワーストーンに適する石は、漂砂鉱床中から採れることが多く、スリランカでは2000年も前に石が得られています。ほかにもミャンマー、タイ、カンボジア、ベトナム、オーストラリア、ブラジル、ナイジェリア、タンザニア、それにフランスに産します。