タグトゥパイト【意味・効果・伝説】

タグトゥパイト【意味・効果・伝説】悪い結びつきを断ち切るのに効果があると言われるタグトゥパイト(Tugtupite)を紹介します。

タグトゥパイトの由来は、グリーンランドのタグトップ(Tugtup)にちなんだトナカイ石の意味を持ちます。

タグトゥパイトは1960年、グリーンランドではじめて発見されました。色は濃い赤から明るいピンク、オレンジに近い色まで豊富にあり、まだら模様になります。

タグトゥパイトを暗いところに置くと淡色の箇所が白っぽくなり、光に当たると元に戻ります。

主な産地はロシアの北部になります。