工メラルド(緑柱石)【意味・効果・伝説】

工メラルド(緑柱石)【意味・効果・伝説】恋愛成就、幸せな結婚のお守りとしても非常に有効と言われている工メラルド(Emerald)を紹介します。

エメラルドの緑色は、クロムとバナジウムが関係しています。内部に傷のないものはほとんどなく、ひび割れや傷を埋めたり、発色を良くするために、オイルに漬けこむのが一般的です。

花崗岩やペグマタイト、片岩中にも漂砂鉱床中と同様に発見されて、最高品質の石はコロンビアで採れます。ほかにはオーストリア、インド、オーストラリア、ブラジル、南アフリカ、エジプト、アメリカ、ノルウェー、パキスタン、ジンバブエなどが主な産地となっています。

歴史上有名なエメラルドの多くはエジプトのクレオパトラの鉱山から採取されたものですが、今は低品質のエメラルドしか採れないのが現状です。