ベニトアイト【意味・効果・伝説】

ベニトアイト【意味・効果・伝説】気品やカリスマ性を与え、自己意識を高めるベニトアイト(Benitoite)を紹介します。

ベニトアイトの青い結晶が1906年に最初に発見された時、探鉱家はサファイアと間違えました。

結晶の形は三角板状で、ダイヤモンドに似て光の分散が強いですが、色が濃いのでその効果は隠されています。多色性が強く、見る角度により青または無色に見えるのが特徴です。

主に青色片岩中に脈状で産します。この石の唯一の産地はアメリカ合衆国カリフォルニア州のサン・ベニトで、石の名称にもなりました。

この気品は、希望に満ちた前途有望な若者特有の眩しさと輝くような笑顔に、老若男女が見惚れていきます。