アメシスト【意味・効果・伝説】

アメシスト【意味・効果・伝説】古代から多くの人々に愛され恋人を得るのに強い効果をもたらすアメシスト(Amethyst)を紹介します。

水晶のなかでも紫色、ライラック色、ふじ色の色合いの石をアメシストといい、古くから酒の酔いを防ぎ、また酔いをさまして正気にするといわれています。

アメシストは多色性があり、見る角度によって、青または赤みがかった紫色になる。ミックスまたはステップカットにすることが多いです。

虎の縞や、指紋、羽毛によく似た特徴的なインクルージョンがあります。またシトリンとアメシストが1つの結晶の中にあるものをアメトリンと呼びます。

主にアメシストは漂砂鉱床、あるいは晶洞(ジェオード)中に産し、アメシストのある最大の晶洞はブラジルに多いです。ウラル地方(ロシア)産は赤みを帯び、カナダ産は墓色です。スリランカ、インド、ウルグアイ、マダカスカル、アメリカ、ドイツ、オーストラリア、ナミビア、ザンビアにも産します。

低品質のものはしばしばタンブリング加工されビーズ玉にすることが多いです。石の色が淡い時は、密にセットするか、裏面に金属箱を接着して色をエンハンスすることもあります。アメシストのイミテーションにはガラスや合成コランダムがあります。

ちなみに、英語の発音に合わせて「アメジスト」ではなく「アメシスト」と書くのが一般的です。

より素敵な自分に生まれ変わりたいときに、アメシストはとても効果的でおすすめです。