ガーネット・トップ・ダブレット【意味・効果・伝説】

ガーネット・トップ・ダブレット【意味・効果・伝説】ビクトリア時代のイギリスやヨーロッパで愛用されてきたガーネット・トップ・ダブレット(Garnet-topped Doublet)を紹介します。

ガーネット・トップ・ダブレットは、2つの別々の石を接着して作った石のこと。

ガラスの上に赤いアルマンディン・ガーネットを接着したものが一般的で、緑色のガラスを使ったものはエメラルド、青色のガラスはサファイアのイミテーションに用いられます。