プレナイト(葡萄石)【意味・効果・伝説】

プレナイトの歴史・言い伝え

プレナイト(葡萄石)【意味・効果・伝説】

発見者のヘンドリック・フォン大佐、オランダの鉱物学者グッドホープコロニーの知事の名にちなんで名付けられたと言われています。

プレナイトの鉱物学データ

  • 英名 : prehnite
  • 和名 : 葡萄石(ぶどうせき)
  • 組成 : Ca2Al[(OH)2 | AlSi3O10]
  • 色 : 茶色、黄色、灰色、白、無色、黄色、緑
  • 光沢 :
  • 結晶系斜 : 斜方晶系
  • へき開性 :
  • 光の屈折率 : 1.61~1.66
  • モース硬度 : 6.0~6.5
  • 比重 : 2.80~3.00
  • 靭性 :
  • 石言葉 : 健康的な美しさ
  • 別名 :

プレナイトは、静脈や苦鉄質火山岩の空洞内に発生します。
プレナイトは、Ca2Al(AlSi3O10)(OH)の二つの化学式で般的に半透明ですが、研磨すると光沢の真珠のような硝子質を持っています。

中国で採れるプレナイトの原石はブドウの房に似ている為「ブドウのヒスイ」と呼ばれることもがあります。

プレナイトのお手入れ・取り扱い

香水やヘアスプレーの噴霧を避けてください。

クラスター セージ 太陽光 月光 浴水

プレナイトの主要原産地

アフリカ(ナミビア、南アフリカ共和国)、オーストラリア(西オーストラリア州、ノーザンテリトリー)、カナダ、中国、ドイツ、スコットランド、フランス、アメリカ(ニュージャージー州、ペンシルベニア州、バージニア州)

南アフリカでは、希少なオレンジ色のプレナイトが発見されました。ケベック、カナダでは、結晶が異なるプレナイトが生成することが知られています。

プレナイトに合う職業・業種

全ての職業