ローズクォーツ(紅水晶)【意味・効果・伝説】

ローズクォーツの歴史・言い伝え

ローズクォーツ(紅水晶)【意味・効果・伝説】

ローズクォーツは、紀元前7000年かつてメソポタミア(現在のイラク)として知られている地域で発見されています。

水晶の魔法の力を信じていた太古の時代の人々の古代ローマ、エジプト、ギリシャ文明は、強力な護符として水晶を使用していました。また、エジプト人は石が老化を防ぐことができると信じていたみたいです。

ローズクォーツの鉱物学データ

  • 英名 : rosequartz
  • 和名 : 紅水晶(べにすいしょう)
  • 組成 : SiO 2 : 二酸化ケイ素
  • 色 : ピンク色、帯紫ピンク色、 帯灰淡ピンク色
  • 光沢 : ガラス光沢
  • 結晶系斜 : 六方晶系
  • へき開性 : –
  • 光の屈折率 :
  • モース硬度 : 7
  • 比重 : 2.65
  • 靭性 :
  • 石言葉 : 恋愛・繊細
  • 別名 :

ローズクォーツは、宝石の材料として使用される多くの石英の品種の一つです。 それは非常に軽い(ほとんど白)に、媒体暗いの範囲で、その繊細なピンクの色からその名前を取得します。 最も魅力的な色は​​、一般的により大きなサイズで発生し、良好な色の小さなローズクォーツの標本は稀である傾向があります。 ローズクォーツは、常に大規模な形で発見され、それは、通常、平坦な結晶面を欠いています。 それは、典型的には、ペグマタイトで見つかっただけでなく、熱水の静脈で発生しています。

ローズクォーツのお手入れ・取り扱い

超音波スチームクリーナーでクリーニングは避けてください。

クラスター セージ 太陽光 月光 浴水
×

ローズクォーツの主要原産地

大量産出国はブラジルで、マダガスカル、モザンビーク、ナミビア、インドからも産出します。

ローズクォーツに合う職業・業種

全ての職業

ローズクォーツは、しばしば「ラブストーン」と呼ばれています。心のチャクラを開く無条件の愛の印象です。これは、自己愛、家族、プラトニック、ロマンチック、無条件の愛のすべてのタイプの石をバラ石英にします。様々な石英として、ローズクォーツは高いエネルギーを持っており、この強力なエネルギーは事実上あらゆる状況で愛を高めることができます。

自己愛、家族の愛、プラトニックな愛、そしてロマンチックな愛のすべての形態への心チャクラを開く無条件の愛のこの石。石英の高いエネルギーは、事実上あらゆる状況で愛を強める性質を持っています。人生と日常の状況に愛をもたらすだけでなく、内部の暖かさをもたらしますが、それはまた、ストレスを軽減し、その周りの人々を和らげる。ローズクォーツはとても幸せで愛らしい石です。

精神的および霊的な領域では、バラの水晶は愛の呪文や魅力のために愛を引きつけるためによく使用されます。それはまた、移行を穏やかにするための死の移行過程を緩やかにし、神の無条件の愛に囲まれています。ローズクォーツは、夢のリコールや夢の仕事にも役立ちます。

ローズクォーツは、自尊心を高め、自己価値を高めるために使用されます。その愛情的なエネルギーは、この愛を自分自身に適用し、それによって自分自身がより価値があることを教えてくれるのです。

情緒的に、バラの水晶は、感情のバランスをとり、平和と穏やかさをもたらすために使用されます。この静かな感情的なバランスは、ストレスを軽減し、不安を和らげます。これらのすべては、私たち自身と他の人の両方の善を見ることができるように、前向きに許し、寛容、そして思いやりのエネルギーを持っています。