ルビー(紅玉)【意味・効果・伝説】

ルビーの歴史・言い伝え

ルビー(紅玉)【意味・効果・伝説】

ラテン語でルビーは赤色を意味するruber(ルーベル)に、サファイアは青色を意味するsapphirus(サフィルス)に由来し、過去の時代には、それぞれの名称は赤色と青色のすべての宝石を指していた。

歴史の中で宝石の色は、様々な意味を与えている。血を連想させるルビーの赤色は、敵や災害から身を守り、出血や炎症を治すものと信じられていた。神の恩恵を得られ、精神を感化するものと考えられていたサファイアの青色は真実、誠実、忠実の象徴とされ、王、聖職者、占い師に好まれて用いられた。イギリス王室では現在でもサファイアを婚約指輪として選ぶことがある。

ルビーの鉱物学データ

  • 英名 : ruby
  • 和名 : 紅玉(こうぎょく)
  • 組成 :
  • 色 :
  • 光沢 :
  • 結晶系斜 :
  • へき開性 :
  • 光の屈折率 :
  • モース硬度 :
  • 比重 :
  • 靭性 :
  • 石言葉 : 威厳・優雅・愛の炎
  • 別名 :

ルビーのお手入れ・取り扱い

クラスター セージ 太陽光 月光 浴水

ルビーの主要原産地

ルビーに合う職業・業種