スギライト(杉石)【意味・効果・伝説】

スギライトの歴史・言い伝え

スギライト(杉石)【意味・効果・伝説】

スギライトは、1944年に日本、カナダ、インドで発見され、最初に発見した日本の学者「健一杉」にちなんで命名された希少な紫色のシクロケイ酸塩鉱物です。
風水では、陽の火のエネルギーを持っています。

スギライトの鉱物学データ

  • 英名 : sugilite
  • 和名 : 杉石(すぎせき)
  • 組成 : KNa2(Fe2+,Mn2+,Al)2Li3[Si12O30]
  • 色 :
  • 光沢 :
  • 結晶系斜 : 六方晶系(粒状集合体)
  • へき開性 :
  • 光の屈折率 :
  • モース硬度 : 5.5~6.5
  • 比重 : 2.70~2.80
  • 靭性 :
  • 石言葉 : 癒し・浄化・霊的能力
  • 別名 :

スギライトはシクロケイ酸塩鉱物グループに属し、多結晶集合体の組成を有します。

スギライトのお手入れ・取り扱い

音波洗浄はおすすめできません。

クラスター セージ 太陽光 月光 浴水
×

スギライトの主要原産地

南アフリカのウェッセルズ鉱山が主要原産地です。また、希少なピンク色の結晶はマディヤ・プラデーシュ州、インドで発見されています。最近では、オーストラリア(ニューサウスウェールズ)、タジキスタン、イタリア、カナダ(ケベック州)で発見されています。

スギライトに合う職業・業種

営業職 接客業・小売業 美容関係 医療関係 福祉関係