タンザナイト(灰簾石)【意味・効果・伝説】

タンザナイトの歴史・言い伝え

タンザナイト(灰簾石)【意味・効果・伝説】

1967年東アフリカのタンザニアで速明青色石が発見され、その美しい宝石を知ったアメリカのティファニー社は、産出地に因んだ名称を付け、広くブロモートしたことから、まもなく世界中に知られるようになった。宝石発見の歴史の中で、今や主要宝石ともなったこの宝石の発見は、20世紀最大とも言われています。

タンザナイトの鉱物学データ

  • 英名 : tanzanite
  • 和名 : 灰簾石(かいれんせき)
  • 組成 :
  • 色 :
  • 光沢 :
  • 結晶系斜 :
  • へき開性 :
  • 光の屈折率 :
  • モース硬度 :
  • 比重 :
  • 靭性 :
  • 石言葉 : 誇り高き人・空想
  • 別名 : ブルー・ゾイサイト

タンザナイト(別名ブルー・ゾイサイト)の色は透明な青色と緑色、不透明(~半透明)なピンクおよび緑色などである、不透明石はオーナメンタル(装埼用)・ストーンとして用いられることが多く、ジュエリーには通常透明石が用いられています。

劈開が完全で一方向に割れやすい性質があるため、ラフな取扱いには注意してください。

タンザナイトのお手入れ・取り扱い

クラスター セージ 太陽光 月光 浴水

タンザナイトの主要原産地

タンザナイトに合う職業・業種