タイガーアイ(虎目石)【意味・効果・伝説】

タイガーアイの歴史・言い伝え

タイガーアイ(虎目石)【意味・効果・伝説】

着用者に勇気を与えると言われ為、古代に戦士や兵士に使用されました。また、旅行者が使用する信頼の石であると考えられています。

タイガーアイの鉱物学データ

  • 英名 : tigers eye
  • 和名 : 虎目石(とらめいし)
  • 組成 : SiO 2 : 二酸化ケイ素
  • 色 : 褐色、黄色、黄褐色
  • 光沢 : ガラス光沢
  • 結晶系斜 : 単斜晶系
  • へき開性 : –
  • 光の屈折率 : 1.53~1.54
  • モース硬度 : 6.5~7.0
  • 比重 : 2.65
  • 靭性 :
  • 石言葉 : 洞察力・富・高潔
  • 別名 :

タイガーアイは金茶色、繊維状石英の不透明な宝石の品種。具体的には、巨大結晶石英の多様です。しかし、ほとんどの水晶宝石とは違って、虎の目は実際には水晶の「仮像」です。
「仮像」は、地質学者が他の鉱物に変身任意のミネラルと呼ぶものです。虎の目の場合には、クロシドライトとして始まったが、後に石英に形質転換しました。
クロシドライトは、アスベストのいくつかの形態の一つです。
これは、繊維状の青い鉱物であると角閃石ケイ酸塩のリーベック閃石ファミリーに属します。石英はゆっくりとまだ元の繊維状の形状を保持しながら、クロシドライトの繊維の間に埋め込まれ、最終的には石英が完全クロシドライトを置き換えるになったときに虎の目の変換が開始されます。

タイガーアイのお手入れ・取り扱い

超音波洗浄は、一般的に安全であると考えられているが、細心の注意を払ってください。

クラスター セージ 太陽光 月光 浴水

タイガーアイの主要原産地

タイガーアイは、世界中の多くの場所で見つけることができます。
最も重要な原産地は、日本、タイ、南アフリカの北ケープ州。その他に注目すべき原産地は、オーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、インド、韓国、ミャンマー(ビルマ)、ナミビア、スペイン、米国が含まれます。

タイガーアイに合う職業・業種

企業家 経営者 金融関係 マスコミ関係