火成岩とは?

火成岩は、地下深部に由来する溶けた岩石(マグマ)が固まってできたものです。

火成岩のなかには、火山からの噴出物である溶岩や火山弾、火山灰のように噴出してできるものもあり、これは“噴出岩”と呼ばれています。

これに対して、地下で固まったものは“貫入岩”と呼ばれます。

基本的にはこのような岩石の冷え方や固まり方がゆっくりしているほど結晶が大きくなるので、その中にパワーストーンができやすいですね。サイズの大きいパワーストーンの結晶は、ペグマタイトと呼ばれる一種の貫入岩の中に産することが多いと言われています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする