ターコイズ(トルコ石)【意味・効果・伝説】

ターコイズの歴史・言い伝え

ターコイズ(トルコ石)【意味・効果・伝説】

民族で愛された宝石。
エジプトでは少なくとも紀元前3200年もの昔から魔よけあるいは幸運を呼ぶ宝石として用いられてきました。その他のペルシャ、アメリカ、メキシコ、チベットなどの地域でも重要な宝石であった。
トルコ石は13世紀頃より用いられるようになった名称で、フランス語の「pierre turquoise」由来するが、それはペルシャからトルコを経由してヨーロッパにもたらされたからである。

ターコイズの鉱物学データ

  • 英名 : turquoise
  • 和名 : トルコ石(とるこいし)
  • 組成 :
  • 色 : スカイブルー、暗い緑色、明るい黄緑色
  • 光沢 :
  • 結晶系斜 :
  • へき開性 :
  • 光の屈折率 :
  • モース硬度 :
  • 比重 :
  • 靭性 :
  • 石言葉 : 繁栄・成功・強運・開放
  • 別名 : トルコ石

ターコイズ(別名トルコ石)のほとんどは不選明であるが、印象的でまた特徴的なスカイブルーの色と光沢の美しさが魅力であり、最も古くから用いられた宝石の一つです。

ターコイズのお手入れ・取り扱い

クラスター セージ 太陽光 月光 浴水

ターコイズの主要原産地

最も品質の高いトルコ石の産地は、イラン(ペルシャ)。エジプトは現在は堀り尽くされています。他には、アメリカ、中国

ターコイズに合う職業・業種