イエローオパール(黄蛋白石)【意味・効果・伝説】

イエローオパールの歴史・言い伝え

イエローオパール(黄蛋白石)【意味・効果・伝説】

古来より魔術的な力が備わっていると言い伝えられており、「神の石」として崇められてきました。神秘的な力が宿るお守りとして用いられていたと言われています。ヨーロッパでは眼病に効果があるとされ、眼の石(オプタルミオス)と呼ばれていたと言い伝えられています。

イエローオパールの鉱物学データ

  • 英名 : yellow opal
  • 和名 : 黄蛋白石(たんぱくせき)
  • 組成 : SiO2・nH2O
  • 色 : 透明なオレンジ、黄色
  • 光沢 :
  • 結晶系斜 : 非晶質
  • へき開性 :
  • 光の屈折率 :
  • モース硬度 : 5.5~6.5
  • 比重 : 1.99~2.25
  • 靭性 :
  • 石言葉 : 創造、クリエイティブ、積極性、ポジティブ、幸福
  • 別名 :

イエローオパールは遊色効果を持たないコモンオパールというグループに分類される石です。イエローオパールはその中でも比較的透明感のあるものが採れます。

イエローオパールのお手入れ・取り扱い

退色の恐れがあるため、太陽光での長時間の浄化は避けましょう。

クラスター セージ 太陽光 月光 浴水
×

イエローオパールの主要原産地

アメリカ、オーストラリア、他

イエローオパールに合う職業・業種